絵馬とは何か?お願いごとを書くものではない?!

皆さんは神社にお参りに行った際に、絵馬を見かけたことがあると思います。

もちろん書いたことがある方も多くいらっしゃると思います。

ところで、絵馬は元々どんなものなのかはご存知でしょうか?

お願いごとを書いている方が多いと思いますが、お願いごとを書くのは本来間違っています。

正しい絵馬の書き方と絵馬の起源などを紹介いたします。

起源

絵馬はもともと本物の生きた馬が起源でした。

かつては、絵馬ではなく、生きた馬を神様に奉納していました。

『神馬』という言葉があるように、馬は神様の乗り物とされていました。

この為、祭祀さいしなどの時は、馬を奉納し、神様の降臨を願ったとされていました。

しかしながら、祭祀の度に毎度毎度生きた馬を奉納するのは簡単なことではありません。

その為、最初は木や土で作られた馬の像を奉納するようになり、やがては木で作られた現代の絵馬になっていきました。

また絵馬の歴史は古く、奈良時代から絵馬が作られていたとされています。

現代のような絵馬になっていったのは、鎌倉時代のことで、絵馬に描かれていたものが馬だけではなく、
神様の使いなどが描かれてるようになりました。

以上が絵馬の起源となります。

絵馬の書き方

上記でも説明はしましたが、絵馬に書くのは願い事ではありません。
ここでは絵馬の書き方を説明します。

絵馬を書いて奉納した後、目標を達成することができたら、お礼参りに行きましょう!
またたとえ達成できなくても、どうなったかを報告するだけも良いとされています。
このことを『願ほどき』と言います。
願ほどきをすることで、次のお願いを聞いて頂くことができます。

まとめ

いかがでしょうか?

絵馬の正しい書き方と起源をお分かり頂けましたでしょうか?

正しい内容を書くことによって、神様にその願いが届くといいですね!

また神社によっては、様々な絵馬があります。
是非探してみてください!
こちらは伏見稲荷大社の絵馬です。

絵馬が鳥居になっています!
朱い色がとても綺麗ですね☆

それでは。

関連記事

  1. 御神酒とは何か?飲むとどんな効果があるの?

  2. 脇から生まれた?!お釈迦様誕生秘話を紹介します!

  3. 神社とは何か?

  4. 狛犬とは何か?意外な真実が!

  5. 超過酷な修行!お釈迦様が悟りを開くまでを解説

  6. 仏教の拡大とお釈迦様の入滅までのお話~完結編~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Translate »