注連縄(しめなわ)とは一体何?図と共に徹底解説します!

神社にはよく、注連縄しめなわと言われる縄があります。

この注連縄の役割はご存知でしょうか?

鳥居と同じく、注連縄の起源や役割があります。
相撲での横綱がつけるものにも実は関係があります。

こちらでは注連縄について詳しく解説していきます。

起源

天照大御神あまてらすおおみかみ天岩屋あまのいわやに隠れてた時の出来事で、天照大御神が二度と隠れることがないように、
布刀玉命ふとだまのみことが天岩屋の前に注連縄をかけたことが起源とされています。

鳥居の起源とされる説にも関連しています。

この出来事がいかに神社に関連するかということが分かりますね。

役割

注連縄とは神が『占めている』という意味を持っています。

つまりは、注連縄は鳥居と同じく人間が神の空間に入らないようにする役割を持っています。

また、注連縄は七五三縄や〆縄などと標記することがあります。

七五三縄と表記するのは、昔から七五三は縁起が良い数字とされるからです。

ここで注連縄の特徴をよくみていきましょう。

一つ一つの部位にもしっかりと名前がついています。

それぞれの役割を説明します。
元々注連縄は雷雲の形を模したとされていました。

紙垂しでとは、雷光を表しています。
注連の子は、雨が降る様子を表しています。

これらは、日本の農業文化に関係しています。
稲作にとっては、水は大切な物である為、雨乞いの意味や豊作を願う気持ちを注連縄に込めたともされています。

ここで、注連縄の種類を3つ紹介しましょう!

  • 前垂注連
  • 大根注連
  • 牛蒡注連
まえだれ注連と読みます。最も一般的な注連縄です。
だいこん注連です。両端が細く、中央部が太いのが特徴です。出雲大社の注連縄がこれに当たります。
ごぼう注連です。左側が細く、右にいくほど段々と太いのが特徴です。

日常生活での注連縄

日常にも注連縄はたくさんあります。

例えばお正月の時に家の戸口に飾る注連縄飾りです。

これは注連縄を簡略化したものであり、歳神様としがみさまを家に迎え入れる為とされています。

※歳神様とは、農耕の神様やご先祖様の神様とされています。

その歳神様を迎え入れる為に、家が神聖な場所であることとけがれが入らないようにする為に注連縄飾りを使います。

他には、日本のスポーツにも注連縄が使われています。

日本の国技である相撲ですね。

この横綱がつけているのが注連縄の一種です。

神の御神体の証として腰に巻くものを『横綱』と呼ばれていました。

それが現在の横綱の言葉の由来です。

本当に強い力士が付けることができる横綱には特別な意味があるということですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

注連縄の意外と知られていないことが色々あったかと思います。

神社に参る際は、注連縄にも注目してみると面白いと思いますよ!

特に出雲大社の注連縄は迫力満点です!

筆者はまだ行ったことがないので是非行ってみたいです!

それでは。

関連記事

  1. お守りとは一体何か?どの様な役割が?

  2. 神職・巫女さんは何をする人?

  3. 鳥居とは何か知っていますか?詳しく解説します!

  4. 正しいお寺のお参り作法と参拝の仕方

  5. 仏教の拡大とお釈迦様の入滅までのお話~完結編~

  6. 正しい神社のお参り作法と参拝の仕方

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Translate »