お賽銭とは何か?元々はお米だった?!

皆さんは神社にお参りに行った時には、必ずと言っていいほどお賽銭をしますよね。

神様とご縁があるようにと5円玉をお賽銭にする人も多いと思います。

既に神社にお参りの際の習慣となっていますが、お賽銭って何か?とは考えたことはありますか?

お賽銭の由来は他人に話せますか?

そう言った疑問を解決すべく、この記事ではお賽銭について徹底解説をしていきますよ!

ではまず起源から見ていきましょう。

起源

結論から言うとお賽銭は元々は『お米』でした。

古くは、神様に農作物や海の幸などを供えていましたが、お米は特に重要でした。

というのも、お米というのは天照大御神あまてらすおおみかみによって人間に与えられた神聖なものとされていました。

天照大御神とは?下記記事を参考下さい。

その為、お米をお供えすることで、お米の恵みに感謝をし、翌年の豊作を願ったとされていました。

お米をお供えする時は白い紙に包み、おひねりとして供えていました。

この習慣は現在も残っています。

『初穂料』ってよく目にしますよね。

神社に金銭を奉納し、物を頂く時によく見ると思います。

この『穂』というのが名残となっています。

その後、お米にとって変わったのが金銭でした。
変わったのは貨幣経済が発展しだした室町時代とされています。

この時代から既に賽銭箱は存在したと言われています。

まとめ

お賽銭の意味や起源はお分かりになられたでしょうか?

室町時代からお賽銭があったというのには、歴史が感じられましたね。

また初穂料の意味というのも驚きだったのではないでしょうか?!

お賽銭だけではなく、お酒なども奉納が可能な神社があります。

一番大切なことは神様への感謝の気持ちを忘れないように、お賽銭を奉納しましょう!

関連記事

  1. 鳥居とは何か知っていますか?詳しく解説します!

  2. お守りとは一体何か?どの様な役割が?

  3. 絵馬とは何か?お願いごとを書くものではない?!

  4. 注連縄(しめなわ)とは一体何?図と共に徹底解説します!

  5. 脇から生まれた?!お釈迦様誕生秘話を紹介します!

  6. 超過酷な修行!お釈迦様が悟りを開くまでを解説

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Translate »