狛犬とは何か?意外な真実が!

神社の鳥居の近くや、拝殿の前にある狛犬。

皆さんは狛犬の意味はご存知でしょうか?

意外と古い歴史を持っていたりします。

そして、2つある狛犬のもう片方が実は狛犬ではありません。

そんな意外な事実を持っている狛犬について説明していきます。

狛犬の歴史と役割

狛犬の歴史は古く、遡るとエジプトやインドから伝来しました。

インドでは、獅子像を聖域を守る鎮獣としていました。

これが中国へと伝わりました。中国では、宮門や陵墓の前に獅子像を置き、邪気の侵入を防ぐ役割を担いました。
この時に左右一対の形が定着しました。

そして、朝鮮半島の高麗(古代朝鮮の国名)経由で平安時代に日本に伝わりました。

当時の日本人は獅子を見たことがなく、異様な形をした犬だと考えました。
そこで高麗の犬ということで、『高麗犬こまいぬ』と呼ばれ、やがては『狛犬』と称されるようになったそうです。

他の説だと、『拒魔犬こまいぬ』が語源であるという説もあります。

これらの歴史から、狛犬は神社の守護や魔除けとしての役割を持つことになり、
神社の拝殿前や鳥居の近くに置かれるようになりました。

狛犬の種類は主に2つ。

まずはこちらの写真をご覧下さい。

質問です。

どっちが狛犬でしょうか?

 

両方じゃないの?と思った貴方、実は違います

例外はありますが、一般的には向かって左が狛犬で、右側は獅子です。

もう少し詳しくみていきましょう。

まずは狛犬についてです。

狛犬の形は『吽形うんぎょう』と呼ばれ、口を閉じており、角があるものです。

こちらがその吽形です。

続いて獅子についてです。

獅子の形は『阿形あぎょう』と呼ばれ、口を開いており、角がないものです。

こちらがその阿形です。

いかがでしょうか?一見みると同じですが、少し違うのがお分かり頂けたかと思います。

しかしながら、例外も多いですので、これが絶対という訳ではありません。

それに、現代では2つまとめて、狛犬と称されておりますので、わざわざ獅子と言う人は多くありません。
豆知識として覚えておいてくださいね。

次に色々なバリエーションの狛犬を紹介します。

  • 子取り
  • 玉取り
  • 青銅製
子連れがいる狛犬です。
玉を押さえている狛犬です。
青銅製で作られた狛犬です。

こちらで紹介したのはほんの一部です。

他にも色々なバリエーションがあるので、こんなのがあった!というのがあれば是非教えてください。

まとめ

狛犬とは何かということがお分かり頂けましたでしょうか?

明日から使える豆知識にも是非お使い下さいね!

神社にお参りする際は狛犬にも注目すると面白いと思います。

ではでは☆

関連記事

  1. 鳥居とは何か知っていますか?詳しく解説します!

  2. おみくじとは?意味などを徹底解説します!

  3. 御神酒とは何か?飲むとどんな効果があるの?

  4. 超過酷な修行!お釈迦様が悟りを開くまでを解説

  5. 脇から生まれた?!お釈迦様誕生秘話を紹介します!

  6. 神社とは何か?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Translate »