お守りとは一体何か?どの様な役割が?

神社にお参りに行った時には、お守りをよく買いますよね。

様々な種類のお守りがあるかと思いますが、皆さんはお守りの起源はご存知でしょうか?

またお守りの種類、お札や破魔矢などのそれぞれの役割はご存知ですか?

これらの疑問を解決して、お守りについて詳しくご説明します!

役割と起源

役割

お守りには神霊が宿っています。
これを身につけることで、色んな厄災から守ってくれる効果があります。

様々な種類のお守りについては後述します。

起源

お守りははるか昔から、風習として定着していました。

昔の日本人は神様が依りつく物をお守りとしていました。

例えば、鏡、勾玉や宝石などです。これらをお守りとして使っていました。

その後平安時代にお寺で呪符が普及されるようになり、鎌倉時代には神社でもお札やお守りが作られるようになりました。

これらのお守りには神社の社名、神名と祈祷文が書かれています。
そして、お守りをありたがる風習が生まれました。

ここで、様々な種類のお守りをご紹介します。

  • 勾玉
  • お札
  • 破魔矢
勾玉(まがたま)は人間の霊魂が飛び回っている様子を形にしたものとされています。これを身に着けておくことで、神様の助けを得ることができるとされていました。
お礼(おふだ)とは、神礼(しんさつ)や護符(ごふ)などと呼ばれます。神の分霊が宿るとされています。
破魔矢(はまや)は、元々その年の豊作の吉凶を占うものとして使われていました。 その後、魔除けとしての役割になりました。

余談ですが、日本最古のお守りは大阪府にある四天王寺の懸守かけまもりとされており、7つあります。
平安時代の貴族が身に着けていたとされており、国宝に指定されています。

お守りには期限がある。

実はお守りには期限があります。期限は約1年とされています。

古くなったお守りは神社に返納しましょう。

本来は、そのお守りを頂いた神社に返納するべきですが、旅行先等で頂いたお守りはなかなか行けませんよね。
その際は近くの神社に納めても問題ありません。ただ、その時は神様にその旨をお祈りしてからにしましょう。

尚、納められた古いお守りは、お札と一緒に神職が祝詞のりとをあげて、焼納されます。
このことをお焚き上げ左義長さぎちょう、どんど焼きと呼ばれます。

まとめ

いかがでしょうか?

お守りの歴史などがお分かり頂けかと思います。

是非神社にお参りに行った際は、お守りも購入して、神様からのご加護を頂きましょう!

関連記事

  1. 正しい神社のお参り作法と参拝の仕方

  2. 絵馬とは何か?お願いごとを書くものではない?!

  3. 注連縄(しめなわ)とは一体何?図と共に徹底解説します!

  4. 脇から生まれた?!お釈迦様誕生秘話を紹介します!

  5. お賽銭とは何か?元々はお米だった?!

  6. 超過酷な修行!お釈迦様が悟りを開くまでを解説

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Translate »