正しいお寺のお参り作法と参拝の仕方

これから参拝するにあたって、お寺の参拝方法はこれで合っているかな?と思ったことはありませんか?きっと不安な方が多いはず。このページでは一般的なお寺の参拝方法を紹介します。

ただ、お寺によっては参拝方法が異なる場合がありますので注意して下さい。

山門を通る

山門をくぐる際は、軽く一礼をしましょう。
山門は仏様の領域に入る場所です。心を静めて入りましょう。
注意して頂きたいのが、帽子を取り、敷居は踏まないようにしましょう。

手水舎で手と口を清める

こちらは神社と同じ作法です。

・右手に柄杓ひしゃくを持って水をすくう
(水道や竜の口からでている場合はそこから水を溜める)

・左手に水を流して清める

・柄杓を左手に持ち替えて、右手に水を流して清める

・柄杓を右手に持ち替えて、左手の手のひらで水を溜める

・そのお水で口をすすぐ(柄杓に直接口はつけてはいけません)

・柄杓の残った水で左手を流して清める

・柄杓を縦に持ち替えて、柄杓を洗う

・柄杓を元の位置に戻す

※この一連の所作は、柄杓に入れた一杯の水で行いましょう。

常香炉があれば煙で更に清める

お寺によっては常香炉があるお寺があります。
その際は、煙で体を清めましょう。
体の悪い所に煙をかけると良くなると言われています。

鐘があればつく

お寺には鐘がある所があります。その際は参拝前につきましょう。
鐘の音が煩悩を取り除くと言われています。

お線香をあげる

清めた後は仏様へお線香をあげましょう。
ここで注意点が2つあります。

①お線香の火は『ふぅー』っと口で消さないこと
人の息にはけがれがあると言われてますので、手であおいで消します。
②火を他人から貰わないこと
他人の業をもらうことになりますので、自分の火でお線香につけましょう。

拝殿前の作法

こちらも同様に一般的なお寺での作法になります。

・お賽銭を静かにお賽銭箱に入れます。

・鈴がある場合は3回鳴らしましょう。

・軽く一礼をし、手を合わせ、祈ります。

・お寺の宗派のお経があれば、この時に唱えます。

・最後に、手を合わせながら一礼し、拝殿を去ります。

まとめ

仏様に会う為には、作法をしっかり事前に調べてからお参りしましょう。
また、そのお寺の歴史などを下調べしておくと、より開運招福につながりますよ。
是非この際にマスターしておきましょうね。

関連記事

  1. 超過酷な修行!お釈迦様が悟りを開くまでを解説

  2. 絵馬とは何か?お願いごとを書くものではない?!

  3. 御神酒とは何か?飲むとどんな効果があるの?

  4. 脇から生まれた?!お釈迦様誕生秘話を紹介します!

  5. お賽銭とは何か?元々はお米だった?!

  6. 正しい神社のお参り作法と参拝の仕方

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Translate »