正しい神社のお参り作法と参拝の仕方

これから参拝するにあたって、神社の参拝方法はこれで合っているかな?と思ったことはありませんか?きっと不安な方が多いはず。このページでは一般的な神社の参拝方法を紹介します。

ただ、神社によっては参拝方法が異なる場合がありますので注意して下さい。

鳥居をくぐる

鳥居をくぐる際は、軽く一礼をしましょう。
鳥居は神社の神域へ入るための結界でもありますので、『お邪魔します』という気持ちでくぐります。

参道を歩く

鳥居の先は、参道となっています。
特に参道の中央は神様が通る道、正中せいちゅうと言われています。
参道の端を必ず歩くようにしましょう。

また、参道に敷き詰められた小石を玉砂利たまじゃりといいます。
玉砂利の玉には『タマ』の意味が込められており、特別で大切で美しいという意味があります。
玉砂利を敷いている場所は、その場所を清めて、参拝する人の心を清める為にあります。

手水舎で手と口を清める

これには魂を清める効果があります。神様に会う前に汚れを落としましょう。

・右手に柄杓ひしゃくを持って水をすくう
(水道や竜の口からでている場合はそこから水を溜める)

・左手に水を流して清める

・柄杓を左手に持ち替えて、右手に水を流して清める

・柄杓を右手に持ち替えて、左手の手のひらで水を溜める

・そのお水で口をすすぐ(柄杓に直接口はつけてはいけません)

・柄杓の残った水で左手を流して清める

・柄杓を縦に持ち替えて、柄杓を洗う

・柄杓を元の位置に戻す

※この一連の所作は、柄杓に入れた一杯の水で行いましょう。

拝殿前の作法

こちらも同様に一般的な神社での作法になります。(ニ拝二拍手一拝)

帽子をかぶっている場合は脱帽するのが良いでしょう。

・賽銭箱にそっとお賽銭を入れましょう。

・鈴緒を左右に揺らし鳴らす。
(無ければ省略しても構いません)

・軽く一礼をします。(小揖しょうゆう)↓

・90度に腰を曲げて、拝礼を2回行います。(深揖しんゆう

・両手を胸の高さで合わせます。この時に右手を左手より少し上にずらします。
そのまま2回拍手をしましょう。拍手には神霊を喚起させたり、邪気を祓うためとも言われております。

・2拍手の後は指先を揃えて、お祈りをします。
お祈りの際は、心の中で自分の住所と名前、感謝の気持ちを伝え、願い事をお伝えします。

・再度、90度に腰を曲げて、拝礼を1回行います。(深揖しんゆう

・後ずさりをして、拝殿前から下がりましょう。

②と①に気を付けて帰りましょう。

参道の中央を通るのは避けます。
鳥居をくぐる際は拝殿の方を向いて、一礼をします。

まとめ

神様に会う為には、作法をしっかり事前に調べてからお参りしましょう。
また、その神社の歴史などを下調べしておくと、より開運招福につながりますよ。
是非この際にマスターしておきましょうね。

関連記事

  1. 鳥居とは何か知っていますか?詳しく解説します!

  2. 神職・巫女さんは何をする人?

  3. 神社とは何か?

  4. 脇から生まれた?!お釈迦様誕生秘話を紹介します!

  5. おみくじとは?意味などを徹底解説します!

  6. 狛犬とは何か?意外な真実が!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Translate »