美具久留御魂神社(みぐくるみみたまじんじゃ)

大阪みどりの百選に選ばれた自然溢れる神社

祭神:美具久留御魂大神(大国主命の荒御魂神)

相殿

天水分大神あめのみずわけのおおかみ
国水分大神くにのみずわけのおおかみ
水波廼米大神みずはのめのおおかみ
須勢理比売大神せりひめのおおかみ
木花咲耶比売大神このはなさくやひめのおおかみ

摂末社

利雁とがり神社(祭神:天児屋根大神・八幡大神)
群天ぐんてん神社(祭神:菅原道真公)
熊野貴平くまのきびら神社(祭神:伊邪那美大神・須佐之男大神)
皇大こうたい神社(祭神:天照皇大神・大物主大神)
南木くすのき神社(祭神:楠木正成公・楠木正儀公)
稲荷いなり神社(祭神:宇迦御魂大神)
白雲宮しらくものみや(祭神:神武天皇・南朝四代天皇,皇后)
⑧英霊社(祭神:第二次世界大戦戦死者の御霊)

起源

崇神すじん天皇(第10代天皇のこと ※平成の天皇は第125代目)の時代に、この神社付近に大蛇が多く出没して、農民を悩ましていたそうです。

このことを崇神天皇は大国主神の荒れる魂のせいとし、皇太子(後の第11代天皇の垂仁天皇)に、この神社を祀らせて、美具久留御魂大神として称えました。

この神社は歴代天皇からの崇敬が厚かったとされています。

また、楠木正成くすのきまさしげ(鎌倉時代末期の武将)は上水分社かみすいぶんしゃ(大阪千早赤阪村にある神社)と共に、
この神社を下水分社と称して、氏神様として信仰し、社殿を建造されました。

それから二度に渡って、戦火なので神社は焼き払われてしまいますが、1561年にほぼ元通りに再建されました。

明治時代には氏神と共に、厄払いや縁結び、農業などの守護神として祀られています。

1994年には本殿などほぼ全てが大改修され、1996年に完成して今に至ります。

見どころポイント

歴史がとても古く、荘厳さをとても感じました。

また、神社自体も大きいのですが、神社の後ろに構える御神山がとても広かったです。

山全体が大阪みどり100選にも選ばれる程の緑豊かな所なので、癒されますよ!

山奥には古墳があるので、観に行く価値ありです!
山奥と行っても徒歩5分ぐらいで行けますので、ちょっとした運動にもいいかもしれません。

とても立派な神社なので是非大阪に来られた際は立ち寄って見て下さい。
秋にはだんじり祭りもありますので、楽しめるかと思います!

画像ギャラリー

  • 鳥居
  • 手水舎
  • 神社案内図
  • 下拝殿
  • 狛犬
  • 上拝殿
  • 御朱印
立派な鳥居です。
タオルがあるのでハンカチを忘れても助かります!
結構広い神社です!
下にある拝殿です。
凛々しい狛犬ですね。
上にある拝殿です。奥に見えるのが本殿です。
御朱印です!神職さんに伺えばもらえます。

紹介動画

アクセス・地図

住所〒584-0011 大阪府富田林市宮町3丁目2053
電話番号0721-23-3007
FAX0721-23-6795
駐車場あり(10台程)
アクセス近鉄長野線 喜志駅から徒歩約15分

関連記事

  1. 龍宮社(りゅうぐうしゃ)

  2. 伊勢神宮 外宮 (いせじんぐう、げくう)

  3. 伊勢神宮 内宮(いせじんぐう、ないくう)

  4. 光明池守護神社(こうみょういけしゅごじんじゃ)

  5. 二見興玉神社(ふたみおきたまじんじゃ)

  6. 佐瑠女神社(さるめじんじゃ)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Translate »