光明池守護神社(こうみょういけしゅごじんじゃ)

大阪府で3番目に大きい池を護る神社

祭神

天之水分大神あめのみくまりのおおかみ
大物主神おおものぬしのかみ
稲荷大神いなりおおかみ

起源

光明池が建造されたのが1936年でした。その光明池を守る祠がありましたが、風雨に晒されて跡を残すだけとなっていました。

その後1984年にこの3神が祀られているのことが判明し、神社が改修されました。

現在は歴史のある光明池を護る役割を担い、水の神、地の神、農業の神として祀られています。

見どころ

光明池は大阪で3番目に大きい池です。

池の周りには自然が溢れており、大阪みどりの百選にも選ばれています!

南海なんば駅から電車で約30分でいけますので、自然をたっぷりと味わい方には良いところです。

神社は小さいですが、どことなく神聖な感じがします。

約80年の歴史がある光明池を護ってきたのですから、その強い力なんでしょう。

喧噪のない神社なのでゆっくり行きたい方にはおススメです☆

  • 鳥居
  • 手水舎
  • 雨乞い蛙
柄杓がないので、ちょっと戸惑いました。
とても大きな蛙がいました!

紹介動画

アクセス・地図

住所〒590-0137 大阪府堺市南区城山台5丁2
電話番号なし
駐車場なし
アクセス泉北高速鉄道 光明池駅から徒歩で約15分

関連記事

  1. 伊勢神宮 外宮 (いせじんぐう、げくう)

  2. 龍宮社(りゅうぐうしゃ)

  3. 美具久留御魂神社(みぐくるみみたまじんじゃ)

  4. 伊勢神宮 内宮(いせじんぐう、ないくう)

  5. 二見興玉神社(ふたみおきたまじんじゃ)

  6. 猿田彦神社(さるたひこじんじゃ)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Translate »