二見興玉神社(ふたみおきたまじんじゃ)

夫婦円満の御利益ならこの神社!

祭神:猿田彦大神さるたひこおおかみ宇迦御魂大神うがのみたまおおかみ

猿田彦大神とは・・・? 以下の猿田彦神社の記事を参照下さい。

宇迦御魂大神とは・・・?
お稲荷さんで有名な稲荷伸とされています。ただし、この神社では伊勢神宮の外宮に祀られている豊受大御神の別名とされています。

起源

垂仁天皇(第11代天皇)の皇女である倭姫やまとひめがこの地を訪れた際に、猿田彦大神が出現した※興玉神石を敬拝しました。
その後、夫婦岩めおといわ注連縄を張って、拝所(はるか遠くから拝むための場所)を設けたことが起源とされています。

※興玉神石とは、猿田彦大神の化身とも言われており、後述の夫婦岩から沖合700mの海中にあります。

明治43年(1910年)に宇迦御魂大神と合祀して、二見興玉神社と称されました。

見どころポイント

夫婦岩

一番の見どころポイントはやはり夫婦岩です!
こちらが夫婦岩です。左の大きな岩が『男岩(おいわ)』で、右側の岩が『女岩(めいわ)』と呼ばれています。

ちなみに男岩が高さ9m、女岩が高さ4mもあります。近くでみるとさぞ大きいのでしょう。

またこの2つの岩を結ぶ岩の注連縄は長さが35mもあります。尚、男岩に16m、女岩に10mが巻かれ、その間が9mあります。

ちなみにこの注連縄は約1320年頃から張られていたそうです。

張り替えは年に3回あります。5月5日、9月5日と12月の第3日曜日に行われます。

二見蛙ふたみかえる

二見興玉神社にはたくさんの蛙がいます。

手水舎の写真を見て見ましょう。

この様にカエルがいっぱいです!

なぜこんなにカエルがいるのかと言うと、猿田彦大神の使いとされているからです。

また縁起として、無事にかえる(帰る)や、貸したものがかえる(返る)とされています。

境内には様々なカエルがいますので、探して見て下さいね!

ちなみに写真の水に浸かっているカエルに水をかけると願いが叶うそうです!

天の岩屋

続いての見どころポイントは天の岩屋です。

天照大御神がこの岩屋に隠れたことにより、世界が闇に覆われたとされる出来事です。

その岩屋がここにあります!

日本の各地に天の岩屋があるらしいですが、ここはその内の一つですので、珍しいと思います。

ちなみに、写真にある女神像は天宇受売命です。
同じ三重県にある佐瑠女神社に祀られていますので、こちらも是非お参り下さいね。

拝殿の中には小さな鳥居を見ることができます。

是非実際に行って見て下さい!

神聖さが感じられると思いますよ☆

画像ギャラリー

  • 鳥居
  • 拝殿
  • 注連縄
  • 御朱印
夫婦岩の注連縄の実物大です!
毎月23日には限定の御朱印を頂けますよ!

アクセス・地図

住所〒519-0602 三重県伊勢市二見町江575
電話番号0596-43-2020
FAX0596-43-2015
公式HPhttp://www.amigo2.ne.jp/~oki-tama/
駐車場あり(30台、無料)
アクセスJR参宮線 二見浦駅から徒歩約15分

関連記事

  1. 伊勢神宮 外宮 (いせじんぐう、げくう)

  2. 猿田彦神社(さるたひこじんじゃ)

  3. 佐瑠女神社(さるめじんじゃ)

  4. 美具久留御魂神社(みぐくるみみたまじんじゃ)

  5. 龍宮社(りゅうぐうしゃ)

  6. 光明池守護神社(こうみょういけしゅごじんじゃ)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Translate »